Close

ソーラーサーキット®の家を解体すると・・・。

宮城県でソーラーサーキット®の家を提供している「大東住宅」さんで実際にあったお話です。16年の間使用してきたソーラーサーキット®の家の「利府モデルハウス」の建て替えをするため、2016年1月、解体工事が行われました。

キッチンなどの設備機器を取り外し、内装下地の石膏ボードをはがす作業から工事は始まりましたが、構造躯体があらわになって、驚きの声が上がりました。

なんと築16年も経過したにもかかわらず、結露痕(結露が発生した痕)も見つからなければ、カビも発生しておらず、16年という長い年月の間、綺麗な姿のままだったのです。

その後、構造材の含水率や寸法の測定、釘・ビスの錆の確認及び引き抜き検査、断熱材や気密テープの劣化状況など、さまざまな検証がおこなわれましたが、結果、構造にしても、気密や断熱にしても、劣化の見つからない状態だったのです。

こうした強固な構造やカビすら生えていない壁体内は、解体業者の職人さん達も初めての経験のようで、「こんな建物見たことない」と皆さんもびっくり!

それは、ソーラーサーキット®の“住み心地”だけでない劣化に対する強みがしっかりと感じられた瞬間でもありました。

解体時の利府モデルハウス(2016年1月12日) 浴室の壁内
床下の様子 躯体の内部の様子