Close

安山岩でできた寒くて暑い石の家。

以前の家は築40年の松島の安山岩を積んで作った石づくり、屋根がフラットでベランダが広いモダンな家だったそうですが、相当暮らしにくかったそうです。「前の家は屋根がフラットなので、2階では夏は暑くて眠れないし、冬場は寒くて眠れないんですよ。排水が悪かったので、雨が降ると床下と基礎の部分に水がたまりました。冬は、暖房用の灯油代がかかるのでファンヒータにしたのですが、結露がすごくて、サッシの下がビチャビチャになりました」とご主人。

とにかく、手間暇のかからない
居心地のいい家がほしい。

「新しい家の条件は、オール電化、太陽光発電、免震構造で居心地のいい家です。おまけに住空間はいい感じで、空気もきれいで…」と多様な条件を工務店さんに出されました。「出てきたプランはソーラーサーキット®で全館除湿「リフレア™」プラス、切妻屋根で太陽光パネルが48枚です」。

数回分のゴルフ代を、
太陽光とソーラーサーキット®で!

「太陽光発電とソーラーサーキット®でゴルフ代が浮くんですよ!もちろん食事、お風呂付ですよ!」ゴルフは年間50回がノルマだとご主人。「太陽光発電で売電して、ソーラーサーキット®で省エネ。消費電力と売電との差し引きで、夏は多いときで30,000円くらいの収入、冬の12月はトントン、1~2月は支払が15,000円くらいです。つまり年間でゴルフ代のプラスになるんです」。太陽光発電が最適になるように、2/3が南傾斜の非対称な切妻屋根にして、太陽光パネルをあげられるだけあげてほしいと工務店さんにご依頼されたそう。外観はシンプル、すこぶるシャープな仕上がりで、非常に効率的です。

※あくまで施主の方々の印象であり、効果・効能等を保証するものではありません。