カネカ ベルギー ルーヴァン・カトリック大学とバイオ医薬品生産技術の共同研究を開始

-バイオ医薬品CDMO事業の強化・拡大に向けて-

株式会社カネカ IR・広報部
2020年11月19日
 株式会社カネカ(本社:東京都港区、社長:田中 稔)およびグループ会社Kaneka Eurogentec社(本社:ベルギー王国リエージュ州、社長:Lieven Janssens)は、ルーヴァン・カトリック大学(ベルギー王国ブラバン・ワロン州、学長:Vincent Blondel)の生物医学研究機関de Duve Institute(ベルギー王国ブリュッセル、所長:Luc Bertrand)と、ウイルス感染症向けワクチンやバイオ医薬品のCDMO事業を強化・拡大するため、10月15日付で革新的な生産技術開発に関する共同研究契約を締結いたしました。

 ルーヴァン・カトリック大学のde Duve Instituteは、1974年にノーベル医学・生理学賞を受賞したChristian de Duve博士によって設立された世界有数の生物医学研究機関であり、医学的な基礎研究に重点を置きながらもオープンイノベーションを積極的に推進しています。本共同研究ではde Duve Instituteの微生物関連の基盤技術と、当社グループがこれまで蓄積してきたタンパク質やプラスミドDNAなど微生物による医薬品生産の知見と技術を融合させ、新たな生産技術開発を目指します。この技術を活用した生産性の飛躍的な向上により高価な医薬品のコスト低減などの社会的課題を解決し、ウイルス感染症向けワクチンやバイオ医薬品の普及に貢献します。

 当社は、新型コロナウイルスを始めとする感染症対策の研究を進める「インフェクション研究チーム」を立ち上げ、DNAワクチン受託製造や「アビガン」の原薬供給、抗ウイルス薬の開発、PCR検査キットなど幅広くソリューションを提供しております。当社はこれらを含め「健康」を重点分野と定め、バイオ医薬品関連事業に積極的な資源投入を行っており、今後ますます事業を拡大させてまいります。

以 上

<Kaneka Eurogentecの概要>

本社
ベルギー王国リエージュ州
社長
Lieven Janssens
事業内容
医薬・診断薬向けおよび研究試薬向けタンパク質、核酸、ペプチドの製造販売
設立
1985年
資本金
31.0百万ユーロ
URL
http://www.eurogentec.com/

<ルーヴァン・カトリック大学の概要>

所在
ベルギー王国ブラバン・ワロン州
学長
Vincent Blondel
大学
生徒数約32,000人。Thomson Reutersの発表する「最も革新的なヨーロッパの大学」で4年連続1位
設立
1425年
URL
https://uclouvain.be/fr/index.html

<de Duve Instituteの概要>

所在
ベルギー王国ブリュッセル市
所長
Luc Bertrand
研究所
がん、感染症、遺伝学など6つの分野で約250人が研究している。「Nature」「Science」「Cell」など著名な科学誌への投稿も多く、医学分野で多大な成果を上げている
設立
1974年
URL
https://www.deduveinstitute.be/
Kaneka Eurogentec社の外観