国内初 カネカ有機EL照明 マンション住戸に採用

~長谷工コーポレーションと睡眠の質向上に向けた取り組みを開始~

株式会社カネカ IR・広報(Investors & Public Relations)部
2024年1月24日
 株式会社カネカ(本社:東京都港区、社長:田中 稔)と株式会社長谷工コーポレーション(本社:東京都港区、社長:池上 一夫)は共同で、カネカ有機EL照明(以下、カネカOLED照明)を用いた賃貸マンションプロジェクト「サステナブランシェ本行徳」(千葉県市川市)での入眠や疲労低減効果についての検証を開始します。なお、カネカOLED照明のマンション住戸への採用は国内初となります。

 長谷工コーポレーションではサステナブランシェ本行徳において、ウェルビーイングの観点から睡眠の質向上やリラックス効果の可能性について「快眠のための家」や「バーチャル森林浴」などの実験住戸を設置し検証を行っています。この度、住戸内の「照明の環境」もウェルビーイングの重要な要素と捉え、実験住戸のリビング、キッチン、寝室などにリラックス効果が期待されるカネカOLED照明を設置し、睡眠中の脳波やメラトニン*1分泌量を測定することで、睡眠に与える影響や疲労低減効果を検証します。カネカOLED照明の持つ、面発光のやわらかい光や視認性の高さに加え、この度のOLED照明による良質な睡眠や疲労低減効果を実証することで、照明環境によるウェルビーイングを推進し、マンション住戸へのOLED照明の採用を拡大させていきます。
 
 当社は「カネカは世界を健康にする。KANEKA thinks “Wellness First”.」という考えのもと、この効果をマンション住戸だけでなく、戸建、ホテル客室、病院、老健施設などへ普及させ、人々の健康と豊かな生活の実現に貢献してまいります。

以 上

*1. メラトニンは副交感神経の働きを強める作用があり、分泌されることで副交感神経が活性化し身体も脳もリラックス状態となる。良質な睡眠を確保するために必要不可欠な物質。睡眠ホルモンとも呼ばれる。 
                 
               サステナブランシェ本行徳のカネカOLED照明設置住戸

【カネカOLED照明の特長】
・広い面積で均一に光り、配光が広く光が周りに広がるため、光が眩しくない。
・低照度でも文字などを識別しやすく視認性が高い。
・光が拡散することで、強い影ができにくい。
・低色温度の光により副交感神経の活性化し、リラックス効果が期待できる。
・厚さわずか1.1mm*2と薄く、軽い。

*2. コネクタの厚さを除く

【住戸・共用部採用場所】
 カネカOLED照明の影ができにくく、視認性が高いという特長を生かし、居室や共用部のコワーキングスぺースでの作業性および省エネ効果についても検証を行っていきます。
        
            リビングへの設置        エントランスのコワーキングスペースへの設置