事業紹介

トップ > 事業紹介 > ライフサイエンス

ライフサイエンス

カネカは発酵と高分子の技術から生み出される医薬品バルクや中間体、血管内治療用カテーテルや世界で初めて実用化に成功した血液浄化システム、さらに機能性食品などを通じて世界の人々に貢献しています。

インターベンション

写真

血管内治療用カテーテル

心臓、脳、四肢などの病変部血管に細いチューブを挿入して血管内で疾患を治療するカテーテル。PTCAバルーンカテーテルなど治療法毎に多数の製品を開発しています。
※販売は株式会社カネカメディックスが行っております。
製品名 用途 お問い合わせ
EDコイル
他、詳しくはカネカメディックスサイトへ
脳動脈瘤治療用塞栓コイル カネカメディックスお問い合わせフォーム
IKAZUCHI®シリーズ
RAIDEN®シリーズ
RYUSEI®
他、詳しくはカネカメディックスサイトへ
PTCAバルーンカテーテル
Thrombusterシリーズ
他、詳しくはカネカメディックスサイトへ
血栓吸引カテーテル
CRUSADE®シリーズ
他、詳しくはカネカメディックスサイトへ
貫通カテーテル
YOROI®シリーズ
SHIDEN®シリーズ
Genity®シリーズ
他、詳しくはカネカメディックスサイトへ
PTAバルーンカテーテル
MIZUKI®
他、詳しくはカネカメディックスサイトへ
マイクロカテーテル
KUSABI®
他、詳しくはカネカメディックスサイトへ
交換用カテーテル
RUBY PT
他、詳しくはカネカメディックスサイトへ
ガイドワイヤー
カネカインフレーションデバイス
他、詳しくはカネカメディックスサイトへ
インフレーションデバイス

検査機器

写真

皮ふ表面に近い毛細血管の血圧を測定し、末梢動脈閉塞性疾患(PAD)の重症度を評価する装置です。 ※販売は株式会社カネカメディックスが行っております。
製品名 用途 お問い合わせ
SensiLase PAD4000
他、詳しくはカネカメディックスサイトへ
皮膚灌流圧測定機器 カネカメディックスお問い合わせフォーム

血液浄化

写真
写真
写真
写真

血液浄化システム

血液から血漿を分難し、病因物質だけを選択的に除去して、浄化された血液を再び体内に戻すシステムです。

(1)サルフラックス®(膜型血漿分離器)
(2)リポソーバー®(LDL吸着器) 1988年 高分子学会賞
(3)セレソーブ®(SLE治療用吸着器)
(4)リクセル®(透析アミロイド症治療用血液浄化器)
※販売は株式会社カネカメディックスが行っております。
製品名 用途 お問い合わせ
リポソーバー® LA-15 吸着型血漿浄化器 カネカメディックスお問い合わせフォーム
リポソーバー® LA-40S
セレソーブ®
リクセル® / S-15、S-25、S-35 吸着型血液浄化器
サルフラックス® FP 膜型血漿分離器
NK-M3R 血漿交換療法用回路
MA-03 血漿浄化装置

眼科用医療機器

写真

涙道チューブ

涙道に挿入し、閉塞や狭窄した涙道を再建する専用のチューブです。
製品名 用途 お問い合わせ
LACRIFAST 涙道チューブ カネカメディックスお問い合わせフォーム

理化学機器

製品名 用途 お問い合わせ
骨髄間葉系幹細胞分離デバイス
細胞分離デバイス 骨髄間葉系幹細胞分離デバイス お問い合わせフォーム
カネカ 閉鎖型自動細胞培養装置
細胞培養機器 カネカ 閉鎖型自動細胞培養装置 お問い合わせフォーム

再生医療

写真

CAL組織増大術

横浜のクリニックにて国内で唯一実施されている、自身の脂肪と幹細胞を用いる新しい医療技術。

機能性食品素材

写真

カネカQH™

世界に先駆けて還元型コエンザイムQ10のバルク及びソフトカプセルにおける安定化技術の開発に成功。健康なヒトの血液に含まれるコエンザイムQ10の90%以上が還元型であり、還元能力が低下している中高年の健康維持に役立ちます。
写真

カネカ・コエンザイムQ10®

独自に開発した発酵法という製法により酵母から抽出された機能性食品素材。サプリメント等を含む様々な食品の素材として、市場から広く注目を集めています。
写真

カネカ・グラボノイド

食品用などに幅広く使用されている甘草より抽出したポリフェノールを主成分として、カネカ独自技術で開発した機能性食品素材です。中高年齢層の健康維持を狙いとし、サプリメント、ドリンク類などの幅広い食品への展開が可能です。
写真

カネカ・ラブレ

京漬物の「すぐき漬け」から分離した乳酸菌です。ラブレ菌の生菌は生存力が優れており、特に腸液内での生存性が高いことが特徴です。また、より製品加工のしやすい殺菌体も開発し、サプリメントへの活用の他、多様な一般食品への配合が可能です。
写真

ヒアルログルコ

ヒアルログルコ(N-アセチルグルコサミン)は、エビやカニの殻に含まれるキチンから食品に利用されている安全性の高い酵素を用いて製造しています。ヒアルログルコは、体内でヒアルロン酸の合成等に活用されます。サプリメントへの利用の他、多様な一般食品への配合が可能です。
製品名 一般名称 お問い合わせ
カネカQH™ 還元型コエンザイムQ10 健康カガク・ラボ 問い合わせフォーム
カネカ・コエンザイムQ10® コエンザイムQ10
カネカ・グラボノイド 甘草抽出物
カネカ・ラブレ 乳酸菌末、乳酸菌(殺菌)末
ヒアルログルコ® N-アセチルグルコサミン

医薬品原薬・中間体

写真
カネカは、1970年代より、バイオテクノロジーと合成テクノロジーの双方を駆使する事で、キラル化合物のような供給源に制約ある化合物を多く製造しています。また、医薬品原薬・中間体の供給においては、この経験と技術力が評価され、世界中の製薬会社と深い信頼関係を築いています。
製品名 一般名称 お問い合わせ
ユビデカレノン「カネカ」® 日局 ユビデカレノン カネカお問い合わせフォーム
HPG-KANEKA 半合成ペニシリン中間体 カネカお問い合わせフォーム
その他の原薬・中間体 医薬品原薬・中間体のサイト

バイオ医薬関連

写真

KANEKA KanCapA

バイオ技術と合成技術を融合し、高い抗体吸着容量およびアルカリ耐性を実現した新たな抗体医薬精製用アフィニティー担体であるプロテインA担体を製造販売しています。

カネカ お問い合わせフォーム

バイオ医薬研究開発支援

創薬シーズの探索支援から、選抜されたバイオ医薬の生産まで、フルサポートします。

・バイオ医薬・診断薬の受託製造
Eurogentec S.A.(本社:ベルギー リエージュ)と資本提携し、核酸・ペプチド・タンパクなどのバイオ医薬・診断薬の受託製造を行っています。

・バイオ医薬の創薬シーズ探索
ジーンフロンティア株式会社(本社:千葉県柏市)にて、カスタムモノクローナル抗体の作製サービス、バイオ技術を応用した製品の提供の他、次世代バイオ医薬の探索ツールとして、スキャフォールドライブラリーの開発を行っています。
ページの先頭へ