マネジメントアプローチ
ESG推進活動
レスポンシブル・ケアの推進

マネジメントアプローチ

基本的な考え方

カネカグループでは、2018年にESG経営への進化に取り組むべく、「ESG憲章」を制定しました。「ESG憲章」は、企業理念を実現するための一人ひとりの行動指針であり、また化学を軸に価値あるソリューションをグローバルに提供することを目的としています。

ESG憲章

企業理念を実現するための一人ひとりの行動指針

  1. カガクで世界の人々の人生と環境の進化に貢献し、価値あるソリューションをグローバルに提供します。
  1. 化学素材の無限の可能性を引き出し、持続可能型社会を支え、地球環境と生活の革新に貢献します。
    (Earthology Chemical Solution)
  2. 化学を軸に、食と医療を一つにとらえ、人々に健康で活力のある人生をもたらす革新的なソリューションを提供します。
    (Active Human Life Solution)
  1. 一人ひとりの真摯で前向きな努力による企業理念の実現を通じて、社会的責任を果たします。
  1. それぞれの国や地域の文化・慣習を理解して、地域に根ざした企業活動を行い、積極的に社会に貢献します。
  2. 法令を遵守し、自由競争に基づく公正な事業活動を行います。
  3. 株主をはじめとするすべてのステークホルダーとのコミュニケーションを重視し、適切な情報開示を行います。
  4. すべての社員の人格や個性を尊重して、全員が健康で働きがいを感じ、能力を最大限発揮できる企業風土を作ります。
  5. 安全を経営の最重要課題と位置づけ、健全かつ安全な職場環境づくり、製品の安全性確保、地球環境の保護に取り組みます。

ESG推進体制

2022年4月1日付で、ESG経営を統括・強化するため、ESG関連組織を再編し、Task Force「Sustainability(SX)本部」を立ち上げ、大きく推進体制を変更しました。同本部のなかに、8つのReal(実装)組織を設けて、全社関連部署を横断的に統括し、ESG、SDGsの推進を図ります。地球環境を守り、人間性の回復に貢献し、「命を育む社会を支える」健康経営、ESG経営の強化に取り組みます。

ESG推進体制図(2022年4月1日)

図:ESG推進体制図

2021年度までは、社長を委員長とするESG委員会のもと「コンプライアンス部会」「中央安全部会」「地球環境部会」「製品安全部会」の4つの部会を設置し、「Environment」「Social」「Governance」の課題解決に向けて取り組みました。
2019年4月に設置した「ESG推進会議」では、「ESG経営」「健康経営」「Work Cultureの改革」を推進する施策の検討、方向付けを進め、持続可能な企業価値向上を目指し取り組みました。

ESG推進体制図(~2021年度)

図:ESG推進体制図
マネジメントアプローチ
ESG推進活動
レスポンシブル・ケアの推進

PAGE TOP