IR情報

トップ > IR情報 > コーポレートガバナンス

コーポレートガバナンス

コーポレートガバナンスの基本方針と体制

1. 目的

当社は、長期経営ビジョン『KANEKA UNITED宣言』で定める経営理念(以下の「企業理念」、「目指す企業像」、「CSR基本方針」から成る)に基づき、当社の持続的な成長と中長期的な企業価値の向上を実現することを経営の最重要課題としています。そのためには、コーポレートガバナンスの充実は不可欠と考え、ここに「コーポレートガバナンスに関する基本方針」を制定します。

2. コーポレートガバナンスの基本的な考え方

当社は、当社の多角的かつグローバルな事業展開と、それを支える研究開発・生産・営業における最適な経営資源配分を持続させるために、コーポレートガバナンス機能を働かせることが非常に重要であると考え、それが当社の持続的な成長及び中長期的な企業価値の向上に不可欠と考えています。その観点から、意思決定の透明性・公正性を確保するとともに、迅速・果断な意思決定により経営の活力を増大させるためにコーポレートガバナンスを充実させます。その取組みの中で以下の基本的事項はとりわけ重要であると考えています。

  • 株主の権利の尊重と平等性の確保。
  • 株主以外のステークホルダーとの協働による価値創造プロセス。
  • 会社情報の適時・適切な開示による透明性の確保。
  • 独立社外役員の独立性・知見を活かした取締役会の監督機能と戦略的提言 機能の強化。
  • 当社経営理念、経営方針の全ステークホルダーへの適切な伝達と理解促進。
  • 当社経営方針への理解に基づく株主との建設的な対話。

なお、詳細につきましては、末尾の「コーポレートガバナンスに関する基本方針」、「コーポレートガバナンス報告書」をご参照ください。

当社のコーポレートガバナンス体制

CG体制図
ページの先頭へ