マネジメントアプローチ

基本的な考え方

カネカグループは、企業理念に基づき、製品の全ライフサイクルにおいて、それぞれの段階で地球環境の保護に取り組み、資源の保全、環境負荷の低減により、社会の持続的発展と豊かな社会の実現を目指しています。

方針

レスポンシブル・ケア基本方針

  1. 自然の生態系の保護と環境負荷の低減
    企業活動が地球環境と生態系に及ぼす影響に注目して、製品の全ライフサイクルにおいて環境負荷の低減と省資源・省エネルギーに努めます。
  2. 安全な製品および情報の提供
    当社は安全に流通し、安全に使用できる製品の提供に努めるとともに、製品に関する正しい使い方や取扱方法など、適切な情報の提供に努めます。
  3. 環境・安全面に配慮した製品・技術の開発
    新製品の開発に当たっては、その全ライフサイクルにわたる「環境・安全」に可能な限り配慮し、環境負荷の少ない製品・技術の開発に努めます。
  4. 廃棄物の減量とプラスチックリサイクルの推進
    製造に関わる廃棄物を極力減量します。また当社製品に関連するプラスチック廃棄物の適切な処理あるいは再資源化については、関連業界と協力して、その技術を積極的に開発するとともに、適切な処理および再資源化に努めます。
  5. 保安防災と労働安全衛生の向上
    保安防災は地域社会の信頼の基礎であり、また労働安全衛生は化学会社が達成しなければならない課題です。当社はこれらの絶えざる向上に努力します。
  6. 社会からの信頼性の向上
    経営者から社員の一人ひとりに至るまで、環境・安全に関する国内外の法・規制・基準類を遵守して行動します。また、これらのレスポンシブル・ケアの取り組みを、正しく社会に公表することにより、社会から正当な評価と信頼を得ることを期待するものです。

推進体制

地球環境の保護に係る重要事項は、ESG委員会の傘下にある地球環境部会で議論され、社長を委員長とするESG委員会で決定されますが、経営会議、工場経営会議などでも課題を共有し、議論を深めています。中期経営計画においてもESG経営の一層の充実に向けて、重要事項の取り組み強化に努めます。
信頼の生産力センター 品質・地球環境センターがカネカ全般の環境に関する事項を掌理するとともに、カネカグループ会社の環境保全活動の支援を行っています。
また持続可能な社会の実現に向け、「レスポンシブル・ケア基本方針」を定め、人々の健康・安全をはじめ、大気汚染防止法、水質汚濁防止法など環境に関わる法令・協定値を遵守するとともに、内部監査や ESG 安全・品質査察などで遵守状況を確認し、環境負荷・リスク低減の管理を行っています。

推進体制図(~2021年度)

図:推進体制図

2022年4月1日付で、ESG経営を統括・強化するため、ESG関連組織を再編しました。
地球環境の保護に係る重要事項は、社長直轄の信頼の生産力センター 品質・地球環境センターが中心となり、経営会議、工場経営会議などで課題を共有し、方針・施策を立案します。
特にカーボンニュートラルの取り組みについては、Task Force「Sustainability(SX)本部」のもとに「DX・CN Committee」を設置し、取り組みを加速します。

推進体制図(2022年4月1日~)

図:体制図

目標と実績

目標 2021年度実績
エネルギー原単位指数(※1) 年平均1%以上低減 90.4(カネカ全工場)
前年度比2.1%低減
CO2排出原単位指数(※2) 年平均1%以上低減(係数固定)
2021年度到達目安:92.3
(2030年度目標:84.3)
85.8(カネカ全工場)
大気・水質の汚染防止 大気汚染防止法、水質汚濁防止法の規制値や自治体の協定値を遵守
化学物質排出量の削減 VOC排出量1,800トン以下 VOCの排出量が、生産量の増加と品種構成差の影響で1,905トンと目標未達成
廃棄物の削減 カネカ最終埋立処分率:0.2%以下
カネカと国内グループ会社でのゼロエミッション達成
カネカ最終埋立処分率 0.053%
カネカと国内グループ会社での最終埋立処分率0.43%でゼロエミッション(※3)達成
委託している処分会社の法令順守状況の確認 現地調査が可能な処分委託会社を訪問し、チェックリストに基づいた調査を実施

※1 エネルギー原単位指数:製造に用いたエネルギー使用量を活動量(カネカ全工場の生産量)で除して求めたエネルギー原単位を、2013年度を100として指数化した数値。

※2 CO2排出原単位指数:エネルギー起源CO2排出量を活動量で除して求めたエネルギー起源CO2排出原単位について、2013年度を100として指数化した数値。

※3 ゼロエミッション(カネカの定義):最終埋立処分量を廃棄物発生量の0.5未満にすること。

環境マネジメントシステム

環境負荷の低減、環境問題の発生を予防し、万一の事故が発生したときには迅速に対応できるように環境マネジメントシステム「ISO14001」および「エコアクション21」に基づいた運営を行っています。

なお、カネカの生産工場におけるISO14001の取得率は100%です。

ISO14001認証取得状況

事業所・グループ会社 登録証番号
高砂工業所 JCQA-E-0105
大阪工場 JCQA-E-0053
滋賀工場 JCQA-E-0015
鹿島工場 JCQA-E-0054
(株)ヴィーネックス JSAE1511
(株)大阪合成有機化学研究所 JCQA-E-0343
カネカソーラーテック(株) JQA-EM6704
関東スチレン(株) JEN-2024.0
サンビック(株) JMAQA-E841
昭和化成工業(株)羽生本社・工場 E0062
セメダイン(株) 茨城工場、三重工場 JCQA-E-0366
セメダイン(株)衣浦工場 497791UM15
龍田化学(株)古河工場 4357081
栃木カネカ(株) JCQA-E-0256
カネカベルギーN.V. 97 EMS 002g
カネカマレーシアSdn. Bhd. EMS00400
カネカイノベイティブファイバーズSdn. Bhd. EMS00400
カネカエペランSdn. Bhd. EMS00400
カネカペーストポリマーSdn. Bhd. EMS00400
カネカアピカルマレーシア Sdn. Bhd. EMS00400
カネカMSマレーシアSdn. Bhd. EMS00400
カネカタイランド Co.,Ltd. EMS727351

エコアクション21認証取得状況

グループ会社名 認証・登録番号
OLED青森(株) 0010329
カネカ関東スチロール(株) 0004259
(株)カネカサンスパイス 0003556
カネカ中部スチロール(株) 0006600
カネカ東北スチロール(株) 0010773
カネカ西日本スチロール(株) 本社・佐賀工場、鹿児島工場、長崎工場 0003949
(株)カネカフード 0003491
カネカフォームプラスチックス(株) 真岡工場 0003247
カネカ北海道スチロール(株) 0001805
(株)カネカメディックス 0001893
九州カネライト(株) 0001637
高知スチロール(株) 0011039
太陽油脂(株) 0003575
(株)東京カネカフード 0003473
長島食品(株) 0003093
北海道カネライト(株) 0001905

PAGE TOP